FC2ブログ
音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョニーが探せない
2006年 11月 30日 (木) 18:10 | 編集
Johnny Cash の遺作「American 5: A Hundred Highways」より"God's Gonna Cut You Down"
すごくいい曲。渋い。

youtube:Johnny Cash「God's Gonna Cut You Down」

私はねえ・・・ZZ Topのおぢちゃん・・・フフフ。
スポンサーサイト
Dear フランキー
2006年 11月 27日 (月) 18:58 | 編集
や、やられた。。。目力が。。。
Dear フランキー Dear フランキー
ジェラルド・バトラー (2006/01/27)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

ジェラルド・バトラーが素敵なの。
出番少なめですが、素敵なの!

映画「マッチ・ポイント」で胸の揺れ方が気になってしょうがなかった女優さんが出てました。とってもかわいいです。エミリー・モーティマー。

お涙頂戴な話かと思いましたが、派手な演出はなく、だけれど明るい未来が待ってるかなって感じさせてくれて、いいエンディングでした。

「子どもは何でも知っている。侮るなかれ。」

ってことですかね。

いやー、しかしジェラルド・バトラー、素敵!
星5つ!
U218 Singles
2006年 11月 27日 (月) 12:00 | 編集
またしてもベスト盤ですか・・・。
18シングルズ (初回限定盤)(DVD付) 18シングルズ (初回限定盤)(DVD付)
U2 (2006/11/22)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る

買わなくてもいいんだけれど、新曲が入っているとなると買わずにはいられない。見事にレコード会社の策略にはまっている人間がここに「ひとり」。

今週彼らは日本にやってきます。
そう思っただけでソワソワしてしまいます。

高校時代、私の心の琴線に触れて以来、他のアーティストとは一線を画している、私にとって別格のバンドです。
はやりのサラダ
2006年 11月 21日 (火) 19:23 | 編集
今、バー「ひとり」で人気沸騰中のサラダ。
salada.jpg

三つ葉、タマネギ、乾燥桜えびのサラダ。
これがウマい。
三つ葉嫌いの人でもイケちゃうんじゃないかってくらい。
思いつくようで思いつかない組み合わせ。

地元新聞に掲載されとりました。
流した涙の価値
2006年 11月 21日 (火) 18:27 | 編集

『東京タワー』連続ドラマ化。月9。もこみち主演。

・・・でました。ベストセラー小説のつかいまわし。
オリジナルでモノ書ける脚本家がいないのか?

原作読んで嗚咽し流した涙が、
何だかアホらしく思えてくるのは
私だけだろうか?

きたみかど
2006年 11月 20日 (月) 17:32 | 編集
日曜日の朝、目覚めて思った。
「う、うなぎが食べたい・・・」

即実行。
だいたい休みの日の朝兼用昼ご飯は1時やら2時やら。しかしうなぎと決まったら、ぴたり12時に情熱上陸。

で、北御門。
うなぎが私を呼んだか、ちょうどオープン1周年の長崎店。
ひつまぶしwith瓶ビール。
kitamikado.jpg

がつがつ人にとっては、ちょっと少なめの量。あと一杯分は欲しかった。とは言え、幸せ贅沢な昼のひとときだったことは言うまでもなし。

ちなみに諫早には”北御門”という名字の人がたくさんいる。で、読み方も”きたみかど”だったり”きたみか”だったり。こちら、うなぎ屋はタイトル通り。


ホワイト・ライズ
2006年 11月 17日 (金) 12:35 | 編集
冬の到来を肌で感じる今日この頃。雪と言えば・・・ってことで久しぶりに。フランス映画「アパートメント」のリメイク。
ホワイト・ライズ ホワイト・ライズ
ジョシュ・ハートネット (2006/07/19)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

別にジョシュ・ハートネットが好きなわけじゃない。とはいえ”白目が見えない”男性は結構好みだったり。

映画やドラマってどうしてこうも世界が狭いのか!?というのが真っ先の感想。
最初は「マシューの妄想?」と構えてしまって、退屈な感じもするけれど、予想しなかった人物が登場したあたりから、結構楽しんで観れる。
・・・が、最後は「あ、やっぱりね」というオチ。

映画やドラマってのは、なぜに大事なことを自分で伝えないのか!?そもそもそこが間違ってるんだよ!!!
・・・と言いたい。

原題はWicker Park。邦題は「罪の無い嘘」ってところか。
罪がなかったのかどうかは微妙ですが。私はWhiteに軍配。

シカゴの灰色の空と雪景色がいい雰囲気出してます。
幸せなひととき
2006年 11月 15日 (水) 21:51 | 編集
私にとっての幸せなひとときの一つ。

昼間からお酒を飲むこと。

それが、こんな素敵な所だとなお最高。
air.jpg

街中にぽっかり現れたオアシスでした。
まるで異国にいる気分。
気づくと、ナミナミと赤ワインを2杯も飲んでしまいました。

久しぶりに幸せな気分になりました。
正味は11分間
2006年 11月 14日 (火) 13:07 | 編集
読書モードで走行中。
11分間 11分間
パウロ・コエーリョ (2006/01/25)
角川書店

この商品の詳細を見る

「アルケミスト」は大好きで、
「ベロニカは死ぬことにした」は好きでない。

今回は・・・。

海外小説って文化の違いなのか何なのか、よくわからない部分も正直あったりするのだけれど、これはその反対で、どの国の人間であっても、生き方や考え方の根底は一緒なのだと共感する部分多し。特に今の私の精神状態に染み入る話だった。

ぜひ男性の感想を聞いてみたい。
星4つ。

音楽は世界を変えられる
2006年 11月 09日 (木) 12:05 | 編集
これ、今週公開。
blockparty.jpg

Block Party 公式HP
カニエ・ウェストやらコモンやらエリカ・バドゥやらが歌ってる姿。そりゃあもう見たいがな。

なんちゃって、ホントはそれはどーでもいい。
だって・・・

フージーズ、再結成ですぜ!!!
それ聞いただけで、肌が粟立ったってもんで。

長崎公開。。。期待せず、静かに待つのみ。
手紙
2006年 11月 08日 (水) 13:23 | 編集
装幀が好きじゃないけど。
手紙 手紙
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

「本読まなくなっちゃったなー・・・」って少し気になってて、容疑者X以来の東野作品にしてみた。映画公開されてるし。

”不朽の名作”って帯のあおり文句には、いい加減クサクサするし、それは言いすぎでしょ、と正直思いますが、それでも一気に読んでしまった。素直に面白い。

犯罪者の兄を持つ、弟の話。何かと考えさせられるところあり。「うーん・・・自分だったらどうなんだ!?」とね。

読んで損なし、星3つ半。


マッチポイント
2006年 11月 03日 (金) 18:30 | 編集
450会のLさんが「オススメ♪」っていうので観ました。
「太陽」をさしおいて。

ウディ・アレンの作品なのに、NYじゃありません。

身勝手な割に言い訳がヘタクソな成り上がり男と、赤ちゃん赤ちゃんってうるさい金持ち女と、「私って特別な女なの」って言ってのける美貌を持ってるのに、なんだか薄幸な女。
さあさあ、この3人で一番運が強いのは誰!?
身勝手男が「罪と罰」を読んでるシーンがあったので、てっきり結末の伏線かと思っていたけどね。

話はなかなか面白かった。ウディ・アレン作品嫌いなヒトでも観れるんじゃないかな。衝撃・・・まではいかなくても、「いいのか!それで!」という驚きの結末だったし。

だけどね、私はね、妻のテニスルックが一番印象に残ってるかも。ハナレ気味なチチと、歩き方のぎこちなさがよくって、「ブ、ブラ、つ、つけてる???」って揺れ方にハラハラした。
でも、遠目に見た顔は好みだけど、近くに寄ると結構パーツパーツが思ったよりでかくて、鼻も高くて、怖かった。私が男だったら、近くには寄れない。ベッドも共にできない。朝起きて、近くにあの鼻があったら・・・と考えると、やっぱり怖い。

身勝手男を演じているジョナサン・リース・メイヤーズ。あ、ホアキン・フェニックスに似てる。。。

セクスィー女優なスカーレット・ヨハンソン。もっと悪女役かと思ってたわー。しかし体型が好みじゃないなー。。。

エゲレスの警察は、みんなこんなに適当なのかー。。。
ミスター・ビーンとゴルゴ13を足して2で割ると、それでもミスター・ビーンの遺伝子が強いんだろうなー。。。


話を追っかけるのとは別に、もう一方ではそんなこと考えながら、ジーーッと鑑賞しました。
次こそは「太陽」へ。
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。