音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
2009年 12月 24日 (木) 16:27 | 編集
バイトを始めてからというもの、私の糧となっていた
読書、映画鑑賞の時間がごっそりとなくなり、
果たして私が目指している”豊かな”生活とは何ぞや?という疑問を抱く毎日。
間違いなく今の状況ではないよなーと悟りつつ、とりあえずな毎日を過ごす。
とりあえず日々を過ごす余裕なんてないはずなのに。

そんな頭も体もぐるぐるな毎日の中、読んでいた本。
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

相変わらずな森見節炸裂。「太陽の塔」ほど笑えはしなかったけど、
ファンタジーな感じが、冷えている私の心をほわっとあったかくしてくれた。
風呂の中で読んだのがさらに効果アップ。

無駄な一日を過ごしている余裕はない私へ一言。
夜は短し歩けよ乙女


スポンサーサイト
12月定例会ーdimples(ディンプルス)
2009年 12月 24日 (木) 16:14 | 編集
職場の12月定例会は、お友達のお店に行ってきました。
五島町にある多国籍料理屋Dimples(ディンプルス)へ。
早いものでオープン5周年ですって。

何でもおいしいお店だけど、なんと言ってもガンボスープ。
おくら好きな私としては文句のつけようがない一品。

そんでもってレッドホットチキンにかぶりつくYちゃんをバチリ。
091221.jpg
やっぱり肉を見る。

今回は途中(無理矢理)参加させられたMさんも加わり、
にぎやかに過ぎていきました。
お店で出してもらった小長井産のカキのオーブン焼きがおいしくって、
その味を忘れられない私は、来月の定例会はカキ小屋でカキ三昧ってのを提案しました。

その模様はまた来年!

コミック乱れ読み―主に11月
2009年 12月 24日 (木) 16:04 | 編集
ブログ書くのにムラが出てきた。
充実してないわけではないけど、充実してるわけでもない毎日。
でもここのところ手に取るコミックはなかなかの充実っぷり。

とろける鉄工所 1 (イブニングKC)とろける鉄工所 1 (イブニングKC)
(2008/11/21)
野村 宗弘

商品詳細を見る

とろける鉄工所 2 (イブニングKC)とろける鉄工所 2 (イブニングKC)
(2009/03/23)
野村 宗弘

商品詳細を見る

とろける鉄工所 3 (イブニングKC)とろける鉄工所 3 (イブニングKC)
(2009/10/23)
野村 宗弘

商品詳細を見る

溶接って大変なんだなぁ…としみじみ。自転車のフレームや、家にあるラックやらを
じっと観察するようになり、お会計の時なんかに人の指を見て
「この人溶接してる人かもしんないな」と思うようになった。

BILLY BAT 2 (モーニングKC)BILLY BAT 2 (モーニングKC)
(2009/11/20)
浦沢 直樹長崎 尚志

商品詳細を見る

下山事件について書かれているってので、
戦後の闇の事件に挑戦した浦沢直樹をすごいと思いつつ、
これは完結してから一気に読むのがよかったんじゃないかと思っている。

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日
(2008/01)
益田 ミリ

商品詳細を見る

私の周りの同じ境遇の友達にぜひ読んでほしい。
説明しづらい、日々抱えている悩みを、淡々とした絵と台詞なのに、
きちーーーんと表現してくれてる…。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る

表紙からして「何のマンガですか、これ?」ってひいちゃいそうだけど、
”風呂”マンガです。平たい顔をした民族である我々の風呂文化はすばらしいんだなぁ。
風呂好きAっちゃんがこのマンガに興味津々だったので、今度貸してみよう。

リアル 9 (ヤングジャンプコミックス)リアル 9 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/11/26)
井上 雄彦

商品詳細を見る

この前マンガ夜話でこれについてやってた。
登場人物のそれぞれが今あるリアルな状況は、わかるわかる!と簡単に言えないんだけど、
リアルな感情や現実を描こうと必死な作者の姿が垣間見えて、
読むこちら側も真剣になる。

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)
(2009/11/20)
市川 春子

商品詳細を見る

棚に差してあった一冊だけど、何となく面白そうと思って手に取った本。
余計な説明をせずに、でもちゃんとその状況をシンプルな動きや絵で説明できるって
すごいと思った。「どういうこと?」って読み返す場面が多々あり。
そういう私は感情の機微がわからない人間なんだと思い知らされる。

のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)
(2009/11/27)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る

KISS本誌で終わったってのは知ってたけど、まさかこの23巻で完結とは。
二ノ宮さんがヨーロッパじゃなくて、真澄ちゃんとか峰くんとか裏軒とか、
日本でののだめを描きたいんだろうなーと思える終わり方だった。

ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)
(2009/12/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

一冊を読むのに時間がかかる。内容が濃い。今回もよかった。
ボンちゃんサイコー!!! …って、仲間入りすると思ってたけど、その線は消えたのだろうか?

ってな感じで、バイトでお疲れモードな毎日でも、コミックを読む時間は
努力してでも作ろうと思う今日この頃でございます。



ニュームーン/トワイライト・サーガ
2009年 12月 07日 (月) 21:01 | 編集
久しぶりにCと映画へ。
いくつになっても乙女心を忘れない私たちだから、
「トワイライト」続編を観るのは当然。

…いやー、まいった。何かと突っ込みどころが満載で。
何だか前作の方が年齢をも忘れさせる世界観があったような気がする。
”色”がなんか違うのよねー。

「結局この人(主人公ベラ)は化け物からしか好かれんってことね。」
とボソッと隣でつぶやいたCの意見が心に残る。
原作では一番人気があるシリーズみたいだけど、果たしてそれがどこまで
映画で描かれているのか甚だ疑問。

素敵な体だというのはわかるけど、やたら上半身裸で普通に登場する
ジェイコブと、それを驚きもせず普通に接するベラ。
ティーンズはこれを素敵!!!と思うのだろうか?

でもってそこで終わるか!!!という驚きの結末だったので、
ここまできたら早く続きが観たいと思える乙女2人だった。

空色勾玉
2009年 12月 07日 (月) 20:46 | 編集
十二国記が好きだったら…と職場の同僚にすすめられ。
空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)
(2005/09/21)
荻原 規子

商品詳細を見る

久しぶりにノベルスを手に取った。
手に持ち慣れていなくて戸惑ったけれど、2段組で読んだ感たっぷり。

日本の神話がベースになっているファンタジー。
とても”色”が綺麗な話というのが最初の感想。
もともとは児童文学みたいで、ひねた私にはやっぱり児童向けだなって
感じるところもあったけれど、それでも十分面白い。
一人の少女と少年の成長の物語で、私はそれを取り巻く大人たちが
好きだった。

勾玉シリーズとして、あと2作あるのでもちろん読みます。
ワンピース0話!!!
2009年 12月 02日 (水) 23:18 | 編集
職場のMさんが、私が読みたいだろうと思って!!!と言って
わざわざちぎって持ってきてくれたー!
091202.jpg
大海賊時代幕開けの3年前から語られる話。

ルフィじいちゃん、かっこいいなぁ。
シキの不慮の事故って!!!
他にも過去に登場した人物がいろいろいろいろ出てきて、
わずか20ページほどの物語なのにワクワクした。
何度も読み返しちゃった。

もう、本当にワンピースってすごい!!!
また最初から読み返したくなったよ。
って、まだ10巻までしか持ってない…。
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。