FC2ブログ
音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パニックなパラダイス
2006年 06月 12日 (月) 13:54 | 編集
友人Cが飲もうというんで、即答YES。
何人かで飲むということだったので、
私以外は誰がくるのかと聞くが、
いまひとつ要領を得ない答え。
こりゃあもしや!?と期待半分不安半分で、
「来るのか!?異性人たちが!」と聞いてみると、
そこだけは明朗に「違う!」とのお答え。
あーそーですか。

しょうがないので、???を頭の上にいっぱい
乗っけたまま現場へ急行すると、
なんと、そこには、
アメリカにいるはずの友人Zが
イタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ ッ!!!!
何かあるとは思ったものの、そこは全く
予想外のことだったので
驚きのあまり、腰が砕けてしまった。

こういうサプライズは嬉しい。
サプライズ合コンも嬉しいだろうけど、違う喜びだ。
でも合コンも嬉しい。

Zはアメリカに1年半いても、長崎弁バリバリの
おやじギャグ満載でさらに嬉しくなった。

そして私らの第2の青春がつまった馴染みのバーへ。
あいかわらずの外人来店率。昔と変わらない
馴染みの客もいる。
若かりし頃のミーの写真も。。。戻りたい、あの頃へ。
panic.jpg

(↑このブースが家にほしい)

ラブな曲を大音量でガンガンかけてもらい、気分は上々。
そのままZの希望でカラオケへ。
めちゃくちゃな英語で外人になった気分になり、
若い華原朋美の映像に「やっぱかわいいわ」
とうなずきあい、「やっぱりジョビだね、ジョビ」と
ジョビに敬意を表して締めくくった。

サプライズにパニックだったけれど、
堕ちることのないバラダイスナイトだった。。。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。