FC2ブログ
音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眠りの森
2007年 08月 28日 (火) 22:25 | 編集
なんだかんだ言って、最近結構読んじゃってる東野圭吾作品。
眠りの森 (講談社文庫)眠りの森 (講談社文庫)
(1992/04)
東野 圭吾

商品詳細を見る

東野ファンの間でも人気が高い作品みたい。

読み出すと止まらない東野作品、これまた然り。でも「犯人は誰なのよ!?」とハラハラしながら読むんじゃなくて、「バレエの世界が閉じた世界だって、なんとなくわかるような気がするなー・・・」とか思いながら淡々と読んでしまった感じ。


・・・だったのに、


なんですか、この胸キュンなラストは。


シリアスな中に程良い具合でちょちょいと恋愛が絡むっての、ツボなんだよなー。
そしてまた加賀恭一郎、かっこよすぎ。


トリックは拍子抜けするくらいにあっさりとしたもんだし、ドシーーーンと重い設定でもないし、分量もちょうどよいし、これは読んでよかった。


オノレの欲求不満っぷりをものすごく感じた一冊でもあったけれど・・・。

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。