音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりのファンタジー
2008年 07月 03日 (木) 21:57 | 編集
精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)
(2007/03)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

ファンタジー小説はたまに読みたくなる。

あまり期待せずに読んでみたけれど、あっという間に読了。
いちいち説明くさくないところがいい。

「十二国記」もそうだけど、これも舞台が東洋的なので、
読んでいてしっくりとくる。

短槍使いの女用心棒(30歳)が主人公ってのが、また面白い。

続きは楽しみだけれど、もったいぶりながら読むことにしよう。

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
チャグムが苦悩しながら成長していく姿にグッときました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
2010/ 09/ 03 (金) 00: 11: 19 | URL | 藍色 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あちらの世界「ナユグ」からこちらの世界「サグ」を見守る精霊は、100年に一度だけこちらの世界の人に宿って新しく誕生するという。精霊...
2010/09/02(木) 23:38:48 | 粋な提案
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。