FC2ブログ
音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わたしを離さないで
2009年 10月 03日 (土) 18:41 | 編集
何だか最近、読書記録ブログになってるような気が・・・。
ま、いっか。

さて今回は長崎生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロの作品
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
(2008/08/22)
カズオ・イシグロ

商品詳細を見る

アマゾンの表紙、私のと違う…。前のがよかったのに…。

”提供者”と”介護人”という単語が出てきたときから、
何を”提供”して、何を”介護”するのか、どきどきしながら読んだ。
ある意味、私の予想は当たっていて、「そっか…。」と思いつつ、
それでも落胆するわけでなく、どんな結末を自分が予想して、
何を期待しているのかわからないままだったけど、
読み進むに連れ、ページをめくる速度は上がっていった。

この作品のタイトルになっている曲について、マダムが語った
その時の思い。
胸をぎゅっとつかまれた感じになって、泣きそうになった。

自由な人生を送れるはずなのに、自らを束縛した人生を
送っているような人が多いような気がするのは私だけかな?
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。