音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある愛の風景
2009年 11月 01日 (日) 18:35 | 編集
観たい観たいと思っていたのに、今ごろになってようやく観た。
ここんとこ、どうも自宅で映画モードになれないのはなぜ?
ある愛の風景 スペシャル・エディション [DVD]ある愛の風景 スペシャル・エディション [DVD]
(2009/11/20)
コニー・ニールセン

商品詳細を見る

私にとって、初のデンマーク映画。スザンネ・ビアという女性監督の作品。

軍人である夫が赴任先で死亡。妻や娘、夫の両親、弟は悲しみに暮れながらも
少しずつ日々の生活を送れるようになる。
が、死んだと思われた夫は捕虜となって生きていて、ある日家族のもとに戻ってくる。

という話(かなり割愛)。

弱いようで、しっかりと強い奥さん・サラがとても素敵でした。
顔も私好み。
そして、何かと出来の良い兄と比べられてきた弟ヤニックが、
少しずつ優しく、しっかりとした男性になっていく成長の過程と、
優等生で優しかった兄が、ある日を境に暴力的で無表情・無感動に
なっていく過程が静かに対比されているのが印象に残ったかな。
それと、娘二人の演技、特にお父さんが帰ってきてからの
戸惑いの演技が真に迫っていてよかった。

あと、画面が四角ではなくて、黒い円形になっていて、
まるで誰かが家族の人生を見ている映像のように感じました。

いい映画を観た、という気がしてます。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。