FC2ブログ
音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
2009年 12月 24日 (木) 16:27 | 編集
バイトを始めてからというもの、私の糧となっていた
読書、映画鑑賞の時間がごっそりとなくなり、
果たして私が目指している”豊かな”生活とは何ぞや?という疑問を抱く毎日。
間違いなく今の状況ではないよなーと悟りつつ、とりあえずな毎日を過ごす。
とりあえず日々を過ごす余裕なんてないはずなのに。

そんな頭も体もぐるぐるな毎日の中、読んでいた本。
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

相変わらずな森見節炸裂。「太陽の塔」ほど笑えはしなかったけど、
ファンタジーな感じが、冷えている私の心をほわっとあったかくしてくれた。
風呂の中で読んだのがさらに効果アップ。

無駄な一日を過ごしている余裕はない私へ一言。
夜は短し歩けよ乙女


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。