音楽に映画に書籍にグルメ。 広くて浅くも、ひとりを楽しむカッコつけバー
バー「ひとり」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェイサー
2010年 02月 10日 (水) 17:12 | 編集
「何かいい映画知りません?」
と聞かれ、紹介した映画が韓国映画だったりすると、「あぁ。フッ(鼻笑い)」という
リアクションをよくとられる。
「あなたも韓流好きなわけね・・・」みたいな。
面白い(良い)映画に国は関係ないっての。

と、よく思う鬱憤をここで晴らしたところで、最近観た映画がこれ。
チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
(2009/10/02)
キム・ユンソクハ・ジョンウ

商品詳細を見る


凄かった。ホント評判通り、期待通りの凄さだった。
「殺人の追憶」と同様、韓国で実際に起きた殺人事件を基にした映画で、
こんな残酷な事が実際にあっていいのかと、それでなくても暗い気分になるのに、
「あぁぁぁ・・・。」と嘆息してしまうほどのラスト。
こちらの予想を見事に裏切るほどの救いようの無さだった。

それにしても、韓国映画は日本やアメリカでは躊躇するようなエグさやグロさを
ためらわずに撮るところが凄い。マンガや小説に頼り切っている日本とは違って、
映画作りに対する意気込みがそもそも違うような気がする。
誰彼と薦められる作品ではないけれど、また好きな映画が一本増えた。

大鶴義丹に似てるけど、ハ・ジョンウ好きだなー。
そして、これまたハリウッドではデカプリオで映画権獲得したんだとか。
「ディパーテッド」でもそうだったんだけど、アメリカとアジアでは
空気の質みたいなのが違うから、この映画でも重要なアジア特有のジメジメ感ってのが
きちんと表現されるのか不安です。


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) バー「ひとり」 all rights reserved.
designed by polepole...
photo by MIZUTAMA

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。